パティシエになるためにはまず製菓学校に入学する

パティシエは、プロの職人なので、食べたときに美味しいだけでなく、見た目も美しい、お菓子を創作するスキルが要求されます。パティシエとして必要な経験と技術を積む方法の1つとして、製菓学校を卒業してからケーキ屋や、お菓子屋といったパティスリーや、レストランで修行をするという方法もあります。パティシエとして今現在も活躍している、ほとんどの人が、基礎的なことを製菓学校で学んだ経験があるというのが現状になります。


かつては、中学や高校を卒業した直後にパティスリーや、レストランに勤めるというのが一般的な方法でした。

ところが、近頃はパティシエになりたがる若い世代の人たちは多くなってきていて、パティスリーや、レストランが積極的に即戦力として働くことができる製菓学校を卒業した人を採用することが多くなってきています。
そのため、近頃は未経験だと、採用されにくい状況になってきているため、将来的にパティシエになることを決意しているのであれば、必然的に製菓学校に入学することが必要になってくる訳です。

製菓学校の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

洋菓子のことについて学ぶことができる製菓学校は日本全国にたくさんありますが、学習内容や、規模については色々です。



その中でも共通していることは、体系的に理論を学ぶことができる講義と、より実践的な実習がカリキュラムの中心になっていることになります。



実習では、洋菓子の基礎となるフランス菓子や、他にも様々な菓子の作り方の基礎を学んでいきます。